スマートフォン解析

高齢者の認知症による事故を減らすための法改正へ

75歳以上運転者による事故を減らす為の法改正

car

 

認知症の高齢者などによる運転事故が増加しているため

 

警察と医師が協力し75歳以上の運転者さんに
ある特定の項目の違反をした場合、認知症検査を受けるようにと
法改正を発表しました。

 

既に、2015年の6月に道路交通法の一部改正案が成立し
認知症検査を受けてかたもいると思います。

 

 

しかし、認知症になっても車がないと生活が出来ない地域もあるため
なかなか、運転を止めてくれません。

 

そのため、大きな事故が起こっているのだと思います。

 

そこで、国は違反の中でも、75歳以上の方に認知症に関係があるであろう
18の項目をピックアップし、その違反をした場合『認知症検査』を受けて
もらうような法改正を目指しています。

 

 

認知機能検査の対象となる18項目の違反行為

 

  1. 信号無視
  2. 通行が禁止されている道路を通行
  3. 歩道の通行や逆走など通行区分違反
  4. Uターン禁止の道路でのUターン
  5. 進路変更禁止を示す黄色の線を越えて進路変更
  6. 一時停止をせず踏切に立ち入り
  7. 交差点で徐行せず右左折
  8. 直進レーンを通行中に右左折
  9. 徐行せずに環状交差点で右左折
  10. 優先道路を通行中の車両の進行を妨害
  11. 交差点で直進する対向車を妨害して右折
  12. 環状交差点内の車両の進行を妨害する
  13. 歩行者が横断歩道を通行中に一時停止せずに通行
  14. 横断歩道のない交差点で歩行者の通行を妨害
  15. 徐行しなければならない場所で徐行しない
  16. 一時停止をせずに交差点に進入
  17. 右左折する時に合図を出さない
  18. ハンドル操作を誤るなど安全運転義務に違反

 

 

 

認知症の家族が運転をやめてくれなく車での徘徊や
通行人の多いところに突っ込んでしまう前に家族が止めてあげましょう

 

認知症の家族に運転をやめてもらうには?

 

普段から、家族が運転をみてあげて反対車線を走り始めたり
アクセルとブレーキを間違えたり、ぶつけてくる事が増えたら

 

認知症になる前から車を売るか話し合いをしておきましょう

 

私の周りの家庭でも 『運転をやめてくれない・・・』
と相当悩んでいる方が多いです。

 

中には、警察官に間に入ってもらって車を売却されたかたもいます。
そのほかの方法は、タイヤを外したり、バッテリーを抜いておいたり
ハンドルを取ってしまうという家庭が多いですね。

 

ただし、この方法は下手をすると

 

『家族に亀裂がはいる』ことがあります。

 

そこで少しでも円満に運転をやめていただくために試して頂きたいのがコチラ

家族で『運転卒業式』を開催してあげる
その時に『長い間、運転ご苦労様でした』と感謝状+記念品贈呈+記念写真を撮ること
この時に撮った写真を、床の間に飾っておく

 

これで車を売却して『車はどうした?』と聞かれたときに
記念品と写真をみせて納得させる

 

引用元:satomi inoueさん

 

車を売る気になってくれたら気が変わらないうちに

 

私のお爺さんのときも症状が軽かった時は 『車を売ろうかぁ』 
と言ってくれていたのですが

 

認知症が進むにつれて売ることも難しくなり、運転をやめてもらうことすら難しくなりました。

 

car1

 

そして家族が見ていられなかった時に車で事故を起こしてしまったのです。

 

その時は近くのお店のポールだったのですが
これが人だったと思ったらゾッとします・・・

 

家族が車を売るのを長引かせたために

 

人の列に突っ込んだりしていたら遅いんです。

 

 

事故を防げるのは家族だけです⇒車を手放したいかたはこちら

 

 

 

 

 

自主返納後のメリット・デメリット

 

認知症のかたや、高齢者のかたの事故を少しでも減らすため
免許を自主返納してもらうために

 

自主返納サポート協議会がさまざまなお店で特典を受けられるような
仕組みづくりを急いでいます。

 

特典を受けるためには 『運転経歴証明書』 が必要になります。

 

運転経歴証明書は

 

  • 運転が不安になってきた方
  • 家族ですら心配になってきている方

 

有効期限内の運転免許を返納し、その日から5年以内に
運転免許試験場へ申請したかたが交付を受けることができます。

 

 

運転経歴証明書の特典メリット一覧

 

  • 銀行 「免許返納定期」金利割増  ※一部地域のみ
  • 通運 引越しの通常料金の10%割引
  • 宿泊 ホテル館内にて一部10%割引 ※一部地域のみ
  • 温泉 割引特典          ※一部地域のみ
  •  

  • 百貨店 ご自宅への配送無料 ※一部地域のみ
  • 美術館 一部特典や還元    ※一部地域のみ
  • 補聴器 電池や本体割引    ※一部地域のみ

 

詳しい店舗と地域が知りたい方は⇒コチラ

 

引用元:警視庁

 

 

運転経歴証明書のデメリット

 

  • 運転ができなくなりますので、生活の足が確保できていないと厳しい
  • 特典を受けられる店舗が、現在は限られた地域のみ

 

加盟店は少しずつ増えているようですが、同時に一時的ではなく、黒字で運営ができて
年金生活の人達でも使えるような値段の 『生活の足』が確保できる事が必要だと思います。

関連ページ

認知症の家庭で自己破産続出
認知症の方のいる家庭で自己破産する方が続出

HOME 脳ドックの必要性 50歳未満の方 食事対策編 運動対策編