認知症はどのくらいの年齢から注意するべきか?

認知症はどのくらいの年齢から予防するべきか?

厚生労働省は2025年には、約700万人の方が認知症になるであろうと発表。
現在の認知症の方の約1.5倍 65歳以上の方の5人に1人が該当する事になります。
65歳未満に発症する認知症は 「若年性認知症」 といいます。

 

中でも最も多いとされている認知症 「アルツハイマー型認知症」
発症する約20年前から少しづつはじまります。

 

そのため、予防をするなら40代から始めるのが良いそうです。

 

 

若年性認知症の推定発症年齢は?

 

若年性認知症を患う平均年齢は、51歳±約9歳といわれています。

 

 

ここで問題になるのが50歳前の方の検査です

 

脳ドック・もの忘れドックは 50歳以上の方が対象のため
50歳未満の方は受けられない場合があります。

 

その場合は、こちらの検査を受けてみてください。

 

 

 

50歳未満の方の検査方法

 

  • MCIスクリーニング検査
  • APOE遺伝子検査
  • あたまの健康チェック

 

 

 

関連ページ(内部リンク)

 

40歳以上で脳を調べたことがない⇒脳ドックの必要性
病院へ行かない・50歳未満は ⇒50歳未満の方の検査
運動で予防したい方は    ⇒認知症予防・運動編
食べ物で予防したい方は   ⇒認知症予防・食事編
兆候・初期症状を知りたい  ⇒認知症の兆候・初期症状