スマートフォン解析

認知症の対策は食事と運動から

見えてきた!認知症対策に効果的な運動

認知症は、食事だけではなく
運動をすることも進められています。

 

出来るだけ続けやすい物を紹介したいと思いますので
ぜひ若い方や介護の仕事をされている方は試してみてください。

 

 

 

おすすめの運動法

 

さんぽ

 

医療の発展により最新の情報では
1日5000歩と7分半の中強度活動
歩く時に、しりとりや575をするとないいそうです。

 

中強度の活動というのは、歩くより少しキツイ活動
畑仕事や歩く時に少しは強弱をつけるなど

 

10分を3回でも問題なし 週3回

 

※持病のある方は医師と相談してください

 

 

 

拮抗体操

 

拮抗体操のやり方は ⇒「拮抗体操 基本編」youtubeへ

 

この動画をみて、一緒にやってみましょう!
私もやってみたら、早くやろうとすると結構間違えます。

 

 

 

スローランニング

 

スローランニングのやり方は ⇒「スローランニングのススメ」youtubeへ

 

スローランニングは、無理に走ったりすることがないため
とても体に優しく、怪我をしにくい方法です。

 

 

 

コグニサイズ

 

コグニッション(認知力向上) + エクササイズ =コグニサイズ

 

デイサービスや介護現場などで行われている対策法ですので
運動したい方だけでなく、介護する可能性があるかたも参考に

 

 

 

 

 

 

関連ページ(内部リンク)

 

兆候・初期症状を知りたい⇒認知症の兆候・初期症状

関連ページ

認知症の検査は何科?
認知症・MCI の兆候・初期症状が疑われたら 出来るだけ早くに〇〇科で検査を行いましょう。
認知症の検査内容は?
病院へ行ったときに実際どんな検査内容なのか?を紹介しています。
認知症と年齢
2025年には5人に1人が認知症になるといわれています。 認知症は発症の20年前からはじまっています。
なぜ脳ドックが必要性なの?
脳ドックは認知症の前兆を見つけられるだけではなく 海馬の状態や脳梗塞など他の重大な症状も見つけられます。
脳ドックを受けるべき理由
40代以上の方で一度も脳ドックを受けたことがない場合は、一度脳ドックを受けてみる事をオススメします。
検査を受けてもらえない
認知症検査を周囲に知られたくない方、病院へ行ってくれない方にオススメの検査ってあるの?
30・40代のIT認知症とは?
ITが発達してPCやスマホが今やかかせなくなっています。しかし、スマホを毎日長時間使う人の約6割が 『物忘れがひどくなった・・』と回答しています。 スマホを毎日長時間いじっているあなた、既にデジタル認知症の兆候が出ているかもしれませんよ?

HOME 脳ドックの必要性 50歳未満の方 運動対策編