スマートフォン解析

兆候と初期症状がわかった次に大変なのが病院へ連れて行くことです。

認知症の検査は何科?そこで見た光景は?

お近くに 『もの忘れ外来』 という専門外来がある場合はそちらへ
ない場合は、神経内科 精神科 心療内科 脳外科 で診てもらえます。

 

紹介状を書いてもらいたい場合や、受診したほうがいいのか迷った場合は
普段診てもらっているお医者さまや、かかりつけ医に相談するといいと思います。

 

初診の場合、紹介状がないと \4,000円くらい別途掛かります。

 

 

 

実際に 『もの忘れ外来』 へ行ってきて思った事

 

  • 40代・50代の方も多かった
  • 男性だけではなく女性もけっこういた
  • 診断に家族の意見を聞かれるので付き添いが必要
  • 付き添いに男性が私以外ほぼいなかった
  • 付き添いの人がみんな疲れきっていた

 

 

なぜ付き添いの方が疲れきっているのか?

 

私の父親もそうだったのですが、認知症の可能性があるかたを
病院へ連れて行くのは想像している以上に大変です。

 

診察していただいた医師の方が言っていたのは

 

『認知症の可能性が出てから大体1年半以上過ぎてから診察にくる』

 

その為、初期症状の期間を過ぎてしまい診察に来た頃には
対策が可能な時期を完全に通り越してしまっているそうです。

 

私の父を連れて行けたのですら、3ヶ月説得に掛かりました。

 

 

 

連れて行くためにしておくと良い事

 

  • 家族がよく観察しておくこと (役員を辞めたら突然・・・とか)
  • 診察の時に家族の意見を聞かれるので、ちょっとしたことでもメモしておく
  • 火の消し忘れが増えることがあるので家族が気をつける
  • 病院へ行こう?というと逆切れされるが諦めないで説得を続ける
  • 本人も少し気がついている (父が言っていました)場合は医師などの力を借りる

 

 

一度説得したくらいでは、間違いなく行ってくれません。
そのような場合も考えておいてください。

 

 

普段見てもらっている医師に信頼がある場合

 

その医師にまず相談をする 

 

そして認知症の検査だと悟られないように脳ドックもの忘れドックを予約して

 

ちょっと、検査したいことがあるので、脳のMRI撮りますね
と 医師に言ってもらう

 

もしくは、健康診断といって、検査を受けてもらう。
病院へ行きたがらないかたの場合は、こうやって医師の力を借りる事が多いです。
私の父も医師に力を借りてなんとか検査をうける気になってくれました。

 

頑固な方や、逆切れする方でも、医師=権力に弱い方が多いので
病院へ行ってくれる場合があります。

 

 

 

関連ページ(内部リンク)

 

どんな検査をするのか知りたい方は⇒認知症の検査内容?
認知症は発症年齢は?      ⇒認知症と年齢
病院へ行かない・50歳未満の方は ⇒50歳未満の方の検査

 

関連ページ

認知症の検査内容は?
病院へ行ったときに実際どんな検査内容なのか?を紹介しています。
認知症と年齢
2025年には5人に1人が認知症になるといわれています。 認知症は発症の20年前からはじまっています。
なぜ脳ドックが必要性なの?
脳ドックは認知症の前兆を見つけられるだけではなく 海馬の状態や脳梗塞など他の重大な症状も見つけられます。
脳ドックを受けるべき理由
40代以上の方で一度も脳ドックを受けたことがない場合は、一度脳ドックを受けてみる事をオススメします。
検査を受けてもらえない
認知症検査を周囲に知られたくない方、病院へ行ってくれない方にオススメの検査ってあるの?
30・40代のIT認知症とは?
ITが発達してPCやスマホが今やかかせなくなっています。しかし、スマホを毎日長時間使う人の約6割が 『物忘れがひどくなった・・』と回答しています。 スマホを毎日長時間いじっているあなた、既にデジタル認知症の兆候が出ているかもしれませんよ?
認知症対策・運動編
最新の医療で認知症対策には どんな運動がいいのかが解ってきました。 その運動方法をご紹介します

HOME 脳ドックの必要性 50歳未満の方 食事対策編 運動対策編