スマートフォン解析

認知症・MCIの症状が出始めて病院へ連れて行ったときにどんな検査をするかを紹介しています。

認知症の検査内容は?

一般的には、医師と対面しながら問診と診断が行われます。
この時には、家族も一緒に立ち会います。

 

 

【認知機能検査】

 

時間・曜日の認識が出来ているか?
物の形や数分前に見た物を記憶出来ているか?

 

 

【画像検査】
CT検査 MRI検査 脳波の検査
血液検査 心電図検査など

 

 

【臨床検査】
握力検査 手の指がうまく動くか
脚気 歩行検査

 

特に臨床試験の中にある
握力検査、歩行検査は認知症や脳卒中の
リスクを予測するためにかかせないものだそうです。

 

 

※専門外来以外の場合、脳ドックをしてくれない場合もありますので
必要な場合は、医師に相談してみましょう。

 

 

 

普段の行動をメモしておいた物をここで医師に伝えましょう

 

  • どんなもの忘れなのか?
  • 日常生活に支障をきたしているのか?
  • いつ頃から 症状がではじめているのか?
  • はじめの違和感から病院へ行くまでに進行しているか?
  • 過去の病気やお薬など

 

 

 

関連ページ(内部リンク)

 

脳ドックを受けたほうが良い症状⇒脳ドックの必要性
脳ドックでどんなことが解るの? ⇒脳ドックで認知症がわかる?
病院へ行かない・50歳未満のは ⇒50歳未満の方の検査

関連ページ

認知症の検査は何科?
認知症・MCI の兆候・初期症状が疑われたら 出来るだけ早くに〇〇科で検査を行いましょう。
認知症と年齢
2025年には5人に1人が認知症になるといわれています。 認知症は発症の20年前からはじまっています。
なぜ脳ドックが必要性なの?
脳ドックは認知症の前兆を見つけられるだけではなく 海馬の状態や脳梗塞など他の重大な症状も見つけられます。
脳ドックを受けるべき理由
40代以上の方で一度も脳ドックを受けたことがない場合は、一度脳ドックを受けてみる事をオススメします。
検査を受けてもらえない
認知症検査を周囲に知られたくない方、病院へ行ってくれない方にオススメの検査ってあるの?
30・40代のIT認知症とは?
ITが発達してPCやスマホが今やかかせなくなっています。しかし、スマホを毎日長時間使う人の約6割が 『物忘れがひどくなった・・』と回答しています。 スマホを毎日長時間いじっているあなた、既にデジタル認知症の兆候が出ているかもしれませんよ?
認知症対策・運動編
最新の医療で認知症対策には どんな運動がいいのかが解ってきました。 その運動方法をご紹介します

HOME 脳ドックの必要性 50歳未満の方 食事対策編 運動対策編