スマートフォン解析

認知症はどのくらいの年齢から注意するべきか?

認知症になる年齢は?若い人でもなるの?

厚生労働省は2025年には、
約700万人の方が認知症になる
であろうと発表。

 

現在の認知症の方の約1.5倍 
65歳以上の5人に1人が該当する事になります。
65歳未満に発症する認知症は
「若年性認知症」といいます。

 

中でも最も多いとされている認知症
「アルツハイマー型認知症」
発症する約20年前から少しずつ始まります

 

そのため、
対策を始めるなら40代からが良い
そうです。

 

 

若年性認知症の推定発症年齢は?

 

若年性認知症を患う平均年齢は、
51歳±約9歳といわれています。

 

 

ここで問題なのが50歳前の方の検査です

 

脳ドック・もの忘れドックは 
50歳以上の方が対象のため
50歳未満の場合受けられない事があります。

 

その場合こちらの検査を受けてみてください。

 

 

 

50歳未満の方の検査方法

 

  • MCIスクリーニング検査
  • APOE遺伝子検査
  • あたまの健康チェック

 

 

 

関連ページ(内部リンク)

 

40歳以上で脳を調べたことがない⇒脳ドックの必要性
病院へ行かない・50歳未満は ⇒50歳未満の方の検査
運動で予防したい方は    ⇒認知症対策・運動編
兆候・初期症状を知りたい  ⇒認知症の兆候・初期症状

 

関連ページ

認知症の検査は何科?
認知症・MCI の兆候・初期症状が疑われたら 出来るだけ早くに〇〇科で検査を行いましょう。
認知症の検査内容は?
病院へ行ったときに実際どんな検査内容なのか?を紹介しています。
なぜ脳ドックが必要性なの?
脳ドックは認知症の前兆を見つけられるだけではなく 海馬の状態や脳梗塞など他の重大な症状も見つけられます。
脳ドックを受けるべき理由
40代以上の方で一度も脳ドックを受けたことがない場合は、一度脳ドックを受けてみる事をオススメします。
検査を受けてもらえない
認知症検査を周囲に知られたくない方、病院へ行ってくれない方にオススメの検査ってあるの?
30・40代のIT認知症とは?
ITが発達してPCやスマホが今やかかせなくなっています。しかし、スマホを毎日長時間使う人の約6割が 『物忘れがひどくなった・・』と回答しています。 スマホを毎日長時間いじっているあなた、既にデジタル認知症の兆候が出ているかもしれませんよ?
認知症対策・運動編
最新の医療で認知症対策には どんな運動がいいのかが解ってきました。 その運動方法をご紹介します

HOME 脳ドックの必要性 50歳未満の方 運動対策編